Factoria

「きつい」はこうチェンジ

CASE 02

作業中暑い!

作業の中には、加熱工程がある工場があります。機械から発せられる熱が部屋を温め、スタッフも過酷な状況下での作業を強いられます。空間全体を温度管理をして作業に快適な温度に設定すると、空調に負荷がかかり光熱費が膨大に。結果的にランニングコスト増になります。

BEFORE...

熱が発生する工場内

スポットクーラーを採用し、
暑さの軽減とコスト削減の両立

スポットクーラーやスポット給気を採用することにより、暑さを軽減させたい部分をピンポイントで涼しくすることが可能に。さらに、室内全体に空調をかける必要がないため、ランニングコストの低減も実現します。