Facebook Instagram
工場・倉庫を建てるなら工場建築・工場建設のファクトリア Factoria

工場建設・工場建築のファクトリアTOP > コラム記事

コラム記事
工場運営

【工場管理とは?】効率化・生産性・品質向上を実現!工場管理力を高めるポイントもご紹介

特に現代の製造業界において、工場管理の役割は非常に重要です。効率化・生産性の向上、品質の保持・向上、コストの削減はどの企業にとっても経営の根幹をなす課題です。しかし、これらを実現するには、ただ単にラインのスピードを上げるだけでは不十分。

工場管理力を高めることで、持続可能な成長を達成することが可能となります。本記事では、工場管理力とは何なのか、また、効率化・生産性向上・品質向上に貢献する工場管理力を高めるための秘訣を紐解いていきます。

工場管理とは

工場管理とは、効率的かつ効果的な生産活動を実現するために、工場の全要素にわたって行う活動の総称です。

生産管理を中心に、品質の確保、機械設備の維持、作業環境の改善など多岐にわたる業務が含まれます。大きな枠で捉えると、工場の立地や建設、施設の配置などを計画段階から管理することも、工場管理に含まれるプロセスのひとつです。

適切な工場管理を行うことにより、生産効率の向上、コスト削減、納期の短縮、品質の向上など、さまざまなメリットが得られます。工場管理はいわば、工場の生命線を決める大切な管理なのです。

工場管理が機能していないことで起こるリスク

適切な工場管理が行われない場合、以下に挙げた例のような多岐にわたるリスクが生じます。

・生産ラインの停止・生産効率の低下

・品質低下

・作業ミスや事故の増加

・設備の故障や早期劣化

・コストの過剰発生

・環境負荷の増大

また、工場管理は、経営者の立場で行うものと、現場で働く従業員が行うものとのバランスが重視されます。

「生産性第一」の経営者の立場で行う工場管理ばかりを優先させると従業員の安全が後回しになります。反対に、従業員の立場で行う工場管理を優先させると、長期的な工場経営の見通しが甘くなり、赤字のリスクが高まってしまうなど、双方にリスクが生じるからです。

そのため、経営者と現場の声の両者を反映させ、バランスのよい管理方法を決めていくことが求められます。

工場管理の内容

工場管理と一言で言っても様々な管理項目があり、どれも工場を管理していくうえで重要なものばかりです。特に重要な管理項目は次の通りです。

・生産管理

・品質管理

・安全管理

・設備管理

・工程管理

・衛生管理

上記の項目ごとに詳しくみていきましょう。

生産管理

工場管理において最も重要と言えるのが、「生産管理」です。品質の良い製品を、できるだけコストを抑えながら、必要な数を作るためには生産管理が欠かせません。

もちろん、「生産」するには、材料だけでなく、人材や設備、計画などあらゆる要素が必要です。計画に基づいて各所へ指示をし、生産から出荷に至るまでの体制を整えなければなりません。

具体的には、生産計画の立案、仕入れ先の選定・価格交渉、部品・原材料の調達、人員配置、製品の出荷など多岐にわたります。このように、生産のすべてを管理する重要な業務となるため、生産管理はリーダーや幹部クラスが担当するのが一般的です。

さらに、品質管理部門と協力して品質を保持したり、市場データから起こり得る不測の事態を想定して備えるようにしたりするのも生産管理の重要な仕事です。

品質管理

「品質管理」は、その名の通り「製品の品質」の管理です。製品の品質基準を設定し、製造プロセスにおける各工程の管理を行いながら、その品質を保てるよう維持していきます。

製品の品質が確かであること、それを検証して保証まで行うことが品質管理の大きな役割であるとともに、万が一問題がある場合は、原因を突き止めて解決策を講じなければなりません。

品質管理は顧客の満足度に直結するため、製品の一貫性と信頼性を保証し、顧客満足を高める上で欠かせない要素です。

安全管理

「安全管理」は、事故の未然防止と従業員の健康保全となる工場運営の基盤です。安全な作業環境を確保するために、まずはリスクアセスメントを徹底し、それに基づいた安全対策の構築が求められます。

具体的には、マニュアルやチェックリストを活用し、作業プロセスごとに安全基準を明確に定めます。また、定期的な教育や訓練を実施して安全意識を高めることも必要です。

さらに、効率化と安全性の両立を目指した標準化やソフトウェアを用いたシステム化も工場安全管理において重要な要素と言えるでしょう。

設備管理

「設備管理」は、工場が安全かつ効率的に機能するための鍵となる業務です。設備が故障すると生産ラインが停止し、製品が作れない事態を招きます。そのような事態を避けるためには、故障する前に異変に気付くことが必要です。

設備の稼動率を最大化し、機械の故障や予期せぬ停止を防ぐためにも、生産設備の定期的なメンテナンス・修理と設備保全計画が必要となります。

近年ではIoTセンサーなどの最新設備を導入し、設備の情報を事前に取得することが可能です。これによって初動段階での異変や機能の低下に気付き、トラブルを未然に防ぐことができます。

設備管理は、生産能力を維持するための重要な役割を担っている仕事と言えるでしょう。

工程管理

工程管理は、製品が設計通りに、効率よく製造されるプロセスを管理する業務です。品質やコスト、安全といった指標を達成するためには、効率的な工程管理が求められます。

製品を製造するためにより効率的な方法は何かを考えるとともに、設備や配置する人材についても計画を立てます。工程管理は、生産の安定化に寄与する重要な業務と言えるでしょう。

衛生管理

「衛生管理」はモノ作りを行う工場において必要不可欠です。工場で働く従業員の安全はもちろん、そこで生み出す製品の危険要因を把握し、適切に管理しなければなりません。

従業員や消費者を健康被害等から守ることを目的に、食中毒防止や異物混入防止、化粧品など肌に直接触れるものの衛生状態を管理することが求められます。

衛生管理が行き届いていなければ工場は不衛生な状態となり、その状態で生産した製品は品質への懸念があるばかりか、消費者の健康被害のリスク、それによる企業存続まで危ぶまれる事態になりかねません。工場を運営し続けるためには、衛生管理の徹底が必要なのです。

工場管理力を高めるためのポイント

工場が直面する複雑な課題に効率的に対処するには、強固な管理力が不可欠です。ここからは、工場管理力を向上させる3つの重要なポイントを解説します。

・現場での実現可能性

・生産管理のための情報集約・見える化

・工場内の可視化

1つずつみていきましょう。

現場での実現可能性

管理力を高める際は、導入する方法が現場で実行可能なものであることが大前提です。現実的ではない管理方法を用いても、どんなに優れたシステムでも、現場が対応できなければ、コストに見合う結果は得られないでしょう。

例えば、効率化を目的として操作が難しいシステムを導入した場合、現場は変化についていけず、「かえって効率が下がった」、「これまでのやり方に戻した」というケースは珍しくありません。

つまり、工場の管理力は、実現が可能であるからこそ行動でき、効果を確認できるのです。「現場」と「管理職や経営層」が見ていること・考えていることに違いがあればあるほど、現実的でない方法をとる傾向にあります。

そのため、管理職や経営層は、現場から正しい情報を吸い上げて現場と目線を合わせ、現場が対応しやすい現実的な方法を導入することが望ましいと言えるでしょう。

生産管理のための情報集約・見える化

工場運営において、生産管理の効率化は極めて重要です。情報集約と見える化はこのプロセスの中核をなす要素であり、適切なソフトウェアやシステムの導入によって、生産ラインの最適化や在庫管理が実現可能です。

また、作業マニュアルやチェックリストの標準化によって、従業員の教育を効果的に行い、様々な業務の安全性と品質を向上させることができます。

まずは現場から上がってくる情報を集約し、見える化したうえで、把握に努めること。そして、集約した情報から問題点や課題を見出し、改善への道筋を立てなければなりません。

そのためにも、情報の集約・見える化が必要なのです。つまり、情報の集約・見える化は工場の肝となる生産管理における大事なファーストステップと言えるでしょう。

工場内の可視化

工場内の可視化は、あらゆる業務や設備、環境などの現状をリアルタイムに把握し、迅速な意思決定と問題解決に貢献します。具体的には、工場自動化システムを導入して設備保全計画の精度を高め、設備メンテナンスの効率化と設備稼働率の向上を図ります。

また、工場内セキュリティの向上と従業員に対する安全教育の徹底は、リスクを最小限に抑えるとともに、生産現場での信頼性と安定性を確保します。

当たり前過ぎて重要視されないことも多いのですが、工場内の「モノの把握」も必須です。工場で作った製品や材料、工具など様々なモノの把握ができていなければ、過剰生産や生産性低下といった問題が発生します。

小さな問題に見えてしまうかもしれませんが、いずれも生産性や効率化、さらには工場の利益や存続にまで関わる重要な要素です。

「何が」「どこに」「どれだけ」あるのかを、「誰もが分かるカタチで可視化すること」が非常に大切だと言えるでしょう。その“可視化”について、次の項目でより詳しくみていきましょう。

工場管理に不可欠な7つの「可視化」項目

工場管理における効率化や品質の向上、安全の維持を実現するためには、可視化が極めて重要です。

ここからは、工場管理を成功させるための7つの可視化項目について解説します。

・モノの可視化

・4Mの可視化(人・機械・材料・方法)

・QCDSの可視化(品質・コスト・納期・安全)

・情報の可視化

・方向性の可視化

・全体全体・経営の可視化

・日常管理の可視化

1つずつみていきます。

モノの可視化

モノの可視化は、在庫や製品、部品、工具の動きを明確にすることを意味します。工場内のモノの場所や数量を把握することは、工場管理の基本。

モノの所在が不明瞭であると、必要なときに必要なモノがすぐに取り出せなくなり、生産活動に支障をきたします。また、在庫過多や不足が発生する可能性もあります。

つまり、モノの可視化は、無駄な在庫の削減や適時補給、さらにはタイムロスを抑制し作業効率向上に寄与するというわけです。あらゆる無駄を排除するためにも「5S(※)」を徹底し、常にモノを可視化することが大切です。

※「5S」とは…作業場所を効率的に管理し、整理整頓を習慣化することで安全性と生産性の向上を目指すための活動基盤。

4Mの可視化(人・機械・材料・方法)

4Mとは、人(Man)、機械(Machine)、材料(Material)、方法(Method)という4つの要素の頭文字を取ったもので、この4Mを明確にすることにより、効率的なプロセス管理と品質向上を実現します。

また、4Mは「生産において何らかの問題が発生した際に、このいずれかの要素に原因があること」も示します。つまり、これらの要素を可視化することで、問題の早期発見と解決、プロセスの最適化、トラブルが起きた時の迅速な対応が可能となるなど、工場運営の質を高めることができます。

QCDSの可視化(品質・コスト・納期・安全)

QCDSとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)、Safety(安全)の4つの頭文字を取ったもので、工場管理においてQCDSのバランスは極めて重要とされています。工場の効率化と従業員の安全に直結するため、見逃せないポイントです。

QCDSが可視化されていなければ、不良品やコスト増、納期遅延や労働災害といった重大トラブルが発生してもおかしくありません。

反対に、細かい点に至るまでQCDSの側面から業務プロセスを分析し、効率化やリスク管理を徹底することで、在庫削減、設備の稼働率向上、不良品の低減など、工場運営における各種KPIの改善が見込めます。

情報の可視化

製品づくりのはじまりは「情報」から生まれ、製品の企画情報が作られたのち、設計という情報、生産計画という情報が作られていきます。さらに、製造段階でも様々な情報が生まれていくため、これらを適正に可視化できていないと多くの無駄が発生してしまいます。

情報の可視化は、業務に関わるデータや情報を迅速に把握し、適切な意思決定を支援するためにも重要です。また、生産性や品質向上戦略の検討時にも有効なデータを即座に入手できるなど、継続的なプロセス改善に役立ちます。

方向性の可視化

方向性の可視化では、会社や工場が目指すべき目標や方針を明確に共有することが重要です。長期的な目標を設定し、それに基づいた行動指針やKPIを定めます。

具体的に、企業として今後どのように成長したいのか、どこの市場に向けた製品なのか、どのターゲットに向けた製品なのか、これらの方向性を可視化することは、経営判断に軸を持たせ早く判断できることにつながるのです。

また、ビジョンや戦略を可視化することで、職場内の意識統一を図り、チーム全体のモチベーション向上にも寄与します。

日常管理の可視化

日常管理の可視化は、日々の業務や生産活動を効率的に行うための基礎となります。チェックリストやマニュアルを利用して、作業標準化を図りながら、それぞれの業務の進捗や完了状況を視覚的に把握できるようにします。

また、使用した工具をもとの場所に戻すといった作業も日常管理に当たります。当たり前に感じることですが、従業員全員が徹底するのは難しいものです。

こうした日常管理の可視化は、小さな効率化の積み重ねにつながると同時に、従業員ごとの責任範囲が明確化され、リスク管理にも大きく貢献します。

全体・経営の可視化

全体・経営の可視化は、究極的には会社全体のパフォーマンスを表すことです。これには、財務状況や市場動向、長期的な成長戦略が含まれます。

サプライチェーン管理や設備稼働率向上、廃棄物削減などの指標を用いて、経営層から現場までが現状を把握し、連携を図ることが可能になります。

特に効率化への投資や環境改善によるコスト削減などは、経営の観点からも重要視されるべき項目です。

工場管理において管理者や工場長に求められる役割

工場管理のキーパーソンである管理者や工場長は、工場の効率化や生産ライン最適化といった重要項目に対して統括的な役割を果たします。特に重要な以下の3つの役割をご紹介します。

・維持管理力

・変更管理力(変化点管理力)

・方針管理力

1つずつみていきましょう。

維持管理力

工場の維持管理力とは、従業員に「安全に・正しく・遅れなく・漏れなく作業をさせる能力」のことを指します。設備の正常な稼働を保持し、製品の品質を継続的に安定させることを目的に、効率的なメンテナンス計画や設備保全、従業員への教育が不可欠です。

管理者や工場長は、工場の「危険・不正確・遅れ・漏れ」を生じさせないよう常に気を配りながら、ときに教育を通じて従業員の意識やスキルを向上させる関わり方も必要となります。

標準化された業務プロセスを確立することで、安定した生産性、一貫性のある品質維持が可能となるでしょう。

変更管理力(変化点管理力)

変更管理力は、維持管理する過程において、計画通りに進まない状況に対応する能力です。

工場の生産活動においては、製品の品種や仕様変更、設備や機械の更新、作業手順の変更など、さまざまな変化が発生します。これらの変化を適切に管理しないと、生産計画の遅れや品質低下などの問題につながってしまうのです。

そんなとき、管理者や工場長は、変化を円滑に進めるための計画を策定し、従業員を巻き込んで実行する能力が求められます。

ただし、決められた手順やルールを守らない従業員が一定数いるのも当然のようにあります。手順やルールを守らない従業員がいれば注意し、改めてルールを指導する。このように、あらゆる「異常」を感知し、是正するのも重要な役割なのです。

方針管理力

方針管理力とは、組織の目標を達成するために、方針を策定し、実行・評価し、改善していく能力のことです。会社の方針や目的といった観点から工場の生産体制などの現状を把握・判断し、課題があれば是正していくという取り組みを意味します。

例えば、あらかじめ決められた生産時間を超えたケースでは、予定と実績に大きな差異が生じます。このような事実がどのような原因によってもたらされたのかを、管理者や工場長は明らかにしなければなりません。

このように、問題解決を図る力や業務を管理する力は極めて重要な能力と言えます。

工場の管理に関するご相談はファクトリアへ

私ども【ファクトリア】は、作業環境改善や工場力の向上を実現できる「工場のトータルサービスブランド」です。

本記事内でも触れましたが、大きく捉えると工場の建設、設備の配置などを計画段階から管理することも工場管理に含まれる大事なプロセスです。

その点、ファクトリアは工場建築の段階から、効率化・生産性向上・品質向上に貢献できる工場の設計・施工が可能。また、工場管理の可視化に関するご相談も承っております。

工場に関するお悩みやご要望がありましたら、ぜひ一度ファクトリアへご相談ください。

関連記事